運輸安全マネジメント

 平成30年度 運輸安全マネジメントの取り組み(30年4月~31年3月)

 

福田建設工業株式会社

福田建設工業株式会社は、運送の安全の確保が最も重要であるという意識を全社員に

徹底させるためにも運輸安全マネジメントに取り組んでいます。

 

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

1.当社は全社員が一丸となり安全確保と人命を第一とし安全輸送の向上に努めます。

2.経営者は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保を主導します。
また、全社員に対し輸送の安全確保が最も重要であるという意識を周知、徹底させます。

3.公共道路を使用し業務を行っている認識をもちプロドライバーの自覚を高め
人身、物損事故防止を図る。

4.運行管理体制の充実を図り、法令に定められた運行管理を適切に機能させ運輸安全
マネジメントを実践することにより、輸送の安全の持続的な向上を図ります。

5.輸送の安全に関する情報については積極的に公開します。

 

2.安全方針 社内への周知方法

1.安全方針を社内休憩所に提示します。

2.安全方針を朝礼、KY活動の際に全員で唱和、最認識に努めます。

3.毎月の事故防止周知会時に運輸安全マネジメントの状況報告をおこない、
情報・対策の周知徹底に努めます。

 

3.全方針に基づく目標を事故に関する統計

項目

29年度の実績

30年度の実績

人身事故件数

0件

0件

物損事故件数

0件

0件

対前年改善率

対前年同

対前年同

 

4.安全方針に基づく目標

1.人身・対物事故・ゼロの徹底

2.デジタルタコグラフにて速度超過ゼロの徹底

 

5.目標達成の為の計画

1.毎月の事故防止周知会議時に安全教育計画に基づいた振り返りを行い、
安全計画の周知徹底を行う。

 

6.安全に対する投資計画

1.デジタルタコグラフの全車導入

2.バック時カメラの追加導入

3.ドライブレコーダーの全車導入

 

7.安全に関する情報交換方法

1.毎月の一度、事故防止周知会の開催

 

8.安全に関する反省事項

1.事故当事者の再教育

 

9.反省事項に対する改善方法

1.事故当事者が全社員に事故内容を報告し再発防止の改善方法を全社員で討論する

 

10.前年度の安全輸送に関する目標及び当該目標の達成状況

目標

結果

目標達成状況

0件

0件

0%

11.前年度の自動車事故報告規則第二条に規定する事故に関する統計

件数

0件

 

12.前年度事故に関する統計

事故発生件数

0件

事故の種類

衝突の状況

 

 

Copyright(c) 2011 Fukuda construction industry All Rights Reserved.